sunmontue wedthrfri sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |Top ▲

右向け〜 右!

 みなさんは右か左に振り向いた時、どちらが向きやすいでしょうか?

左右均等にバランスが取れてる方の場合、そんなことを意識したことはないと思います。

僕は右の方が向きにくいです(-_-;)
幼い頃、バキバキ鳴らす整体の先生に、右を向いて寝る癖をつけるようにと言われました。

とは言っても、仰向けに寝た場合、向きにくい方向へは向いてられません。
ですから、うつぶせで右を向いて寝るように指導されたのです。(強引だ…)

では、これを実践していけば左右均等に向けるようになるでしょうか?


答えはNOです。

それを信じて(右を向いて寝る)、幼い頃から時々、実践してきましたが、改善しませんでした。

なぜか?

向きにくい方向側の筋肉が短縮してしまってるのです。
縮んで硬くなった(短縮した)筋肉を右に向くことによって、更に縮めることは無理な訳です。

ヒトの身体は、短縮した側の筋肉を無意識に延ばしたいように出来てます。
筋肉が短縮して、痛みやコリがある場合、そこを延ばした方が楽だからです。
これを疼痛抑制姿勢と言います。

例えば腰痛や座骨神経痛で、左側の腰や下肢が痛む場合、右に向かって前かがみに身体が歪んだりします。
筋肉の短縮痛から、身体を歪ませることにより、痛みを抑制してる訳です。

イスに座って足を組んだりするのも、短縮してる側の臀部の筋肉を延ばしたいがゆえの行為なのです。         
右の臀筋が延ばしたければ、右足を上にして無意識に足を組んでしまうと言った具合です。

しかし足を組むのは止めた方がいいです。
足を組むと骨盤が歪みます。
では骨盤が歪むとどうなるか?

顔が歪みます(-.-)

少し話が逸れましたが、右側で筋肉の短縮を起こしてる僕の首の場合は、右を延ばしたいから左の方が向きやすくなる訳です。

では右を向けるようにするためにはどうするか?

FOA矯正では、向きやすい左方向へ、より向けるようにすることで、右を向く時の可動域を広げます。
向きやすい左に顔を向かせ、右側の後頭下筋群(上部頚椎付近の筋肉)を延ばした状態で、カウンターストレッチを効かせ、収縮した右側の筋肉を緩めていく訳です。
そうすると、左右向ける可動域にバランスが取れてきます。

しかーし!

顔を左右に向ける動作の可動域に影響を及ぼすのは、後頭下筋群だけの問題にあらず!
だったのです。

と言うのは、先日のことです。
休憩時間に入る前に柘植先生が
『久米くんは右と左、どっちが向きやすい?』
と、おっしゃいました。

左が向きやすく、右が向きにくいですと答えると、何やら頭部の筋肉への矯正が始まりました。

頭部の筋肉と言っても、頭蓋を構成する骨に着く頭蓋表筋(前頭筋、側頭筋、後頭筋等からなる)全面です。
わかりやすく言えば、髪が生えてくる表皮の筋肉全面ですね。

両手の平と指を使い、FOAのカウンターストレッチ&ユラシで側頭筋を中心に、念入りに頭蓋表筋全体を緩めて下さいました。

そうすると…

後頭部下部と首に着く筋肉へは一切触れてもらってないのに、顔が楽に右へ向けるようになったんです!
うつぶせで右を向いても、抵抗感がなくなりました。

これには感動しました。
首の可動域には頭のコリ がかなり影響していたようです。

柘植先生いわく、
『頭の筋肉はパーツとしてデカイから重要なんだよ』
とのことです。

頭部の筋肉と上部頚椎の筋肉は連動してるので、首だけ緩めても頭がコっていたら効果が十分に得られないということなんでしょう。

少し意識して、ご自分の頭を触るとわかると思いますが、硬い部分や形がいびつになってる部分があるかも知れません。

それが頭の筋肉のコリとなって首の動きを制限している可能性があります。
頭のコリができる原因としては、咀嚼する筋肉に問題があったりします。

日常生活において、食事の際、片側の顎だけで咀嚼したり、外部からストレスを受けた時などに、無意識に顎を食いしばったりすると(我慢や怒りで)咬筋、側頭筋がコリを起こします。

これが頭のコリにつながったりする訳です。

身体の使い方は勿論、感情の持ち方も筋肉の状態と深く関係性があります。
和やかに生きるのは大変な世の中ではありますが、頭はかたいより、やわらかい方がいろんな意味で良いのです 笑



柘植先生のスーパー頭部矯正を受けたい方はこちらへ!

| comments(0) | trackbacks(0) |Top ▲
| 1/1 page |