sunmontue wedthrfri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |Top ▲

円筒になれ

 FOAのスクールでは、身体の使い方についても 実習が行われる。

一言で身体の使い方と言ってもピンと来ないかもしれません。
これは矯正においての体さばきとでも言いますでしょうか、これが出来てないと矯正を施すことはできません。

正しい身体の使い方が出来てないと、施術をしても充分な効果が得られないことはおろか、逆に受け手の身体を壊してしまう危険性もあります。
そのうえイタズラに体力を消耗するだけで、何人も施術することなど到底不可能な訳です。


そこで身につけなければならないのが、【円筒】という身体の使い方なのです。 

この円筒の基本姿勢の作り方ですが、まず直立の姿勢から、肩幅ほどの間隔に脚を開き、足の裏で地面を掴むように立ちます。
左右の足先はやや内側へ向けた方がいいでしょう(オカマティックに)笑

そして、筒を抱えるようなイメージで、体幹から両腕を輪状にし、左右の手の平を身体の中心からやや前方(胸よりやや下の高さ)でカタカナのハの文字のように向かい合わせます。
(手の平は合わせず、左右の乳首くらいの間隔をとりましょう)笑

この時に身体の状態が、太極拳の姿勢で言う、
沈肩墜肘(ちんけんついちゅう)= 肩の力を抜いて下方に沈め、肘を落とした状態。
であり、

含胸抜背 (がんきょうばっぱい)= 胸を張らずに、丸く含むようにゆるめ、肩甲骨を左右に開くように意識し、背中を張った状態。
でなければ、ならないのです。

向かい合わせた手の平は、しっかり開き、指先が真上を向くように、全ての指を指先までピンと伸ばします。
そして、両手の小指だけ 、指の付け根から目一杯内側(手の平側)に倒します。 
そうすると全ての指先が、やや前傾になると思います。(指は全て延ばしたまま、丸めてはなりません)

これらの姿勢が全て正しくできると、胸の前に大きな球体が入るように、目の前で円筒を抱えて立ったような状態になります。

そしてこの円筒が正しく出来ていると、脱力していようが、腕を外側から押されても崩れにくく、物を持つ時の重さにも耐えやすくなるのです。
そして矯正においても、この円筒を常に応用した動きをする訳です。

胸の前の大きな球体(見えませんが)を円筒の内側で転がすように、腕のみを動かす腕力ではなく、体幹を軸にして動く、体重移動による体さばきで矯正を施します。

これが出来てないと、受け手に押圧したりする時、自分の体重も支え辛く、受け手の手足を持ち上げたりするときも、腕力だけで持つことになるので、かなり体力を消耗するんです。

逆にこれが出来ていれば、施術をする際、技が安定して決まり、自分の体幹が受け手と一体に動くので(腕の力だけで支えることなく)、手技の形が崩れにくくなるのです。

ちょっとイメージし辛いかも知れませんが

たまにお客様から『力も体力も必要な仕事でしょう?』
なんて言われますが、【円筒】による体さばきという、そんな裏があった訳です。


我々の手技療法では、全身を酷使します。  
身体の使い方が上手く出来てないと、体力の消耗も激しく、自分の身体が壊れる危険性もあります。
こちらが健康体であることが、相手を健康体にしてあげられる大前提ではないでしょうか。

ですから施術中にギクッ(゜o゜;; て、きたりなんてことも気をつけなければなりません  笑
浦田代表や柘植先生は一日に何人も施術しても、涼しい顔をしてらっしゃいます。
ボクもそうなれるよう、まだまだ精進が必要です。


身体の使い方については、まだ書きたいこともあったんですが、日本語が下手なため、意外にも【円筒】の説明で行数を費やしてしまいました(*_*)
疲れたので、それはまたの機会に!(最近このパターンやな)

どーやら身体の使い方以前に、言葉の使い方を覚える必要がありそうだぜ… 笑

| comments(0) | trackbacks(0) |Top ▲

スポンサーサイト

| - | - |Top ▲
<< 腰痛戦記【7】 ポケベルが鳴らなくて  / 必殺セロト人 >>

comment












trackback ・・・ http://yu-chanman.jugem.jp/trackback/33