sunmontue wedthrfri sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |Top ▲

必殺セロト人

時間や機会があれば、なるべく歩くようにしている。

単独で行動しているときは、地下鉄の移動距離をウォーキングしたり、帰宅に使
用する地元の電車の待ち時間が長い場合などは二区間歩いたりもする。

夏の猛暑に入る前は、アポロの休憩時間に、よくウォーキングをしたものだ。
しかも休憩中なのに半端ない距離を歩く。
1時間半で10キロほどの距離を取り憑かれたように。 笑 
ちょっとやり過ぎかも知れないが、ほぼ毎日続けても疲れを溜めることもなく、
爽快なのだ。 

歩くのは好きだ。

なぜなら、歩くという行為が自己回復力を高めることになるのを身を持って経験
したから。

アポロの患者だった頃、浦田代表の矯正を受けると共に、自分で治癒力を高める
努力をしていた。 その第一が、まず歩くこと。(もちろん歩けるようになってからだが) 幸い、治療のため休職中だったので、時間さえあればとにかく歩いた。 失っていた運動性を取り戻すかのごとく。 ある程度まで良くなってから、取れない痛みが続き、横這い状態で不安だった時 期もあったが、積極的に歩くようにになってからの回復は飛躍的だった。
そして、歩くというリズム運動は脳のセロトニン神経を刺激する。 日光の下、ウォーキングするとセロトニン神経を鍛えることになるのだ。 セロトニン神経とは、簡単に言えば外部からのストレスを受け流す神経。
ストレスに勝とうとなど思ってはいけないのだ。 ストレスに立ち向かうと、必ず負けるようになっている。
ストレスは上手く受け流すしかないのだ。

このセロトニン神経が発達していれば、ノルアドレナリン(怒り、危険がもたらす
神経伝達物質)やドーパミン(快楽がもたらす神経伝達物質)の過剰な分泌をコント
ロールし、平常心を保ちやすくなる。
そして脳内ストレスとなって起こる鬱やパニック障害、依存症にも陥りにくく、 痛みの感じ方も軽減されるのだ。 痛みは脳で感じるのだが、セロトニンが鎮痛剤の役割となってくれる。 たいしたケガでもないのに、極度に痛みを感じたりするのはセロトニン不足が考 えられる。
つまり、ボクがあの激痛から飛躍的に脱出することができたのも、ヒトの基本運 動である二足歩行を積極的にすることにより、骨盤が正常な状態に戻りやすくな り、筋肉や神経障害の回復を早め、セロトニン神経の活性による痛みの軽減に繋 がっていたからかも知れない。 だから、歩くことはボクにとって、痛みからの脱出をもたらせてくれた大きな恩 恵だと信じている。 歩いて前に進むという行為は、気持ちも前向きにしてくれている気がする。 それは脳のセロトニン活性からなる、効果のひとつかも知れない。
ウォーキングを習慣にしている方々が、面識もない者同士なのに気持ちよく挨拶 を交わしたり、スポーツに励んでる方々の表情が生き生きとし、鬱で病んでるイ メージが結び付かないのもセロトニン活性が出来ているからだと思う。
歩いたり、運動のできない人にもセロトニン神経を発達させる術はある。 朝の新鮮な日光を豊富に浴び、脳のリズム運動を行えばよいのだ。 それには、一定リズムで深呼吸したり、メトロノームに合わせて楽器や歌を奏で ることでもセロトニントレーニングになる。
このセロトニントレーニングは、始めてから三ヶ月後以降から脳内活性が整い出
すと言われいわれてるので、毎日続けることが大事である。
そして、脳のリズム運動によるセロトニントレーニングよりも、よりセロトニン 神経を刺激でき、強力な抗ストレス剤となるのが『涙』なのだ。 よい映画を見たり、本を読んだり、歌を聞いて、共感した時に流す情動の涙は、 セロトニン神経を最も刺激し、脳内ストレスを強力に活性するというのだ。
ストレス社会で生きる人間だけに与えられた、唯一の対処法だと思えば納得でき る。
ちなみにFOA療法のSR2T(ストレス解放テクニック)も、セロトニン濃度を 高められることが測定の結果、判明している。 これはセロトニン神経がある、脳管の中心に位置する縫線核へ、リズム運動を施 すからだと思われる。 FOA矯正はユラシというテクニックで、受け手の全身にリズム運動を与えて行 く。 まるでゆりかごのように。 笑 これもセロトニン活性に繋がってるのかも知れない。
長々と書いてきましたが、セロトニンを作り出すためには、実は原料を必要とし ます。 それは食事から摂取する、トリプトファンという必須アミノ酸とビタミンB6で す。 これらは、赤身魚、肉類(主にレバー)、乳製品に豊富に含まれますので、適度に 摂取するとよいと思います。
セロトニン神経の達人になれば、ネガティブからポジティブ型人間に切り替わり 、ストレスにも上手く対応できるようになれるかも知れませんね。 だからボクちゃんは歩き、音楽を奏で、よい作品に触れる訳でやんす。(結局テメ ェの独りよがりの美談かっ…汗)
泣ける映画あったら教えてくださーい(^0^)/ 笑







ストレス解放のお手伝い!アポロヒーリングセンターのHPはココ










| comments(0) | trackbacks(0) |Top ▲

スポンサーサイト

| - | - |Top ▲
<< 円筒になれ / 腰痛戦記【8】 ヘルニアだってさ… >>

comment












trackback ・・・ http://yu-chanman.jugem.jp/trackback/34