sunmontue wedthrfri sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |Top ▲

腰痛戦記【11】 1or8?

歴史を辿って書いていくつもりでしたが、ここでまず言っておきたいです。

当時は、腰痛に対して十分な知識のない立場でした。
自分の腰の痛みの原因として『どこが、どうなっているから痛いのか?』
 
なんて、全く解らず、
どうして痛むのかとはっきり診断もされないがまま、なかなか症状が改善しないとなると、言われるままにMRIを撮り、その画像に写った椎間板ヘルニアと言う状態の結果だけに痛みの原因を結びつけられる。
その結果だけに固執して、真実が全く見えていませんでした。
それが(ヘルニアにこだわること)まさか、十年以上も続くとは思いもよらず…。
 
僕が言いたいのは、腰痛で病院に行き、最終的にMRIでヘルニアと診断結果が出たからと言って、
『必ずしも、画像の結果だけが痛みの原因として考えられる訳ではない!』
と、いうことなのです。
つまり、ヘルニアの存在が認められても、痛みを起こしているかどうかは別問題だと言うことです。
痛みの原因をもっと広い視野から分析し、診断するべきではないでしょうか?
 
残念ながら、現在の腰痛に対する診断事情は、患者に真実が見えていないことが多いと思います。
『ヘルニアと言われたから、それが痛みの原因』
そんなに腰痛は単純ではないです。

腰痛は、日常生活における身体の使い方等の肉体的な問題、精神的な問題、全て関わってきます。
ヘルニアと診断されたからと言って、本当の痛みの原因が別にあれば、ヘルニアの治療に専念したところで腰痛は改善しないでしょう。
しかし、ヘルニアがあると解った瞬間から、ブロック注射や牽引と言った対症療法を余儀なくされ、痛みがひどい場合は手術へという流れが現実です。
 
『痛みと上手く付き合ってくしかありませんねぇ』
なんて言葉は聞きたくもありません。
結局、腰痛難民になるだけです。
 
手術に至っては、症状が改善すれば御の字ですが、僕がそうっだったように、痛みの原因が別にある場合、リスクを負って手術を受けても痛みが改善するどころか、悪化したり、再発したりする例もあります。
ヘルニアは椎間板に起きた、身体のストレス反応だと考えられると思います。
言わば、痛みの原因と言うよりも、結果的に起きた状態に過ぎないのではないでしょうか?
ヘルニアができた=痛いのではなく、
なぜヘルニアになるような負荷が椎間板に掛かったのかという経緯に、本当の痛みの原因が存在すると思うのです。
 
僕がそうであったように、結果であるヘルニアのみにとらわれて、安易にブロック注射や手術を施すことは悪化を招いたり、副作用をもたらしたりする危険性もあるようです。
 
僕の場合、本当の痛みの原因はヘルニアではなく筋肉と関節の機能障害が引き起こす、座骨神経痛でした。
腰痛発症から約10年後の痛みのピーク時は、想像を絶する痛みが訪れたのです。
その痛みのピーク時に再び撮ったMRIに写ったヘルニアは、10年前に撮った時よりも大きく飛び出していたのです。
それは、ヘルニアが痛みと比例しているのかと思ってしまう要因にもなりました。

最初に見せられた画像診断ばかりにとらわれて、
【ヘルニアがある=痛み】と思い続けていました。
それはヘルニアがある以上、生涯腰痛に悩まされるという解釈でもあったわけです。
 
しかしどうでしょうか?
ヘルニアが治っていない現在、痛みは消え、もう腰痛に悩まされる事なく、痛みに悩まされる方々のために尽力させて頂いてます。
人並み以上に動くことも可能です。(山をナメるな前編〜後編参照 笑)
 
僕は痛みがピークに達した当時、日々続く痛みに絶えられず、レーザーで椎間板の内部を減圧する手術を受けました。
手術の有効性は80%と診断されましたが、痛みもヘルニアも消すことができませんでした。
消えたのは保険外診療による高額な治療費と、痛みが無くなるという希望でした。 笑
 
通常の内視鏡の手術と違って、ヘルニアをメスで切除するのではなく、椎間板の内部を高熱のレーザー鍼で照射すること(余白をあけてやるようなイメージでしょうか)により、髄核が飛び出した側のヘルニアから神経圧迫を下げることを目的としてるようです。
原理的な説明によれば、椎間板が内部減圧されれば、ヘルニアが神経を圧迫する作用が弱くなるので、痛みも緩和し、照射された椎間板(余白を作った)に飛び出した部分が戻ると言うのです。

しかし手術直後の感覚としては、相変わらず痛いまま。
寝返りもろくに打てず、仰向けで、かかとを5僂曚評紊欧蕕譴燭世韻杷湘靴泙妊咫璽鵝と激痛が突き抜けるのです。
すかさず、これはどういうことですか!?
と、先生に問いました。
しかし返事は
『うーん、いいとこ焼いたんだけどなぁ』でした。
その瞬間、覚悟を決めました。
【こりゃ、もう治らんわ】と。

いちかばちかの、賭けで行った手術なんでしょうか?
ほんの少しの変化も感じられないことに訳が解らなくなりました。
【手術は成功しました!でも痛いでーす】
なのに文句は言ってはいけませーん 笑
なんの意味がありますでしょうか?
本来、少しの効果でも得られるのであれば、ヘルニアが神経を圧迫してるから痛いという考え方も、かなり疑問です。

日にちが経っても痛みが全く引かず、手術をされた医者にすがっても『神経ブロック注射を打ちましょうか』と言われる始末。
最終手段と思って受けた手術だが、これでは本末転倒である。
 
その後、痛みは【更に悪化】して行き、職場への復帰も目途が立てられず、解雇も覚悟せざるを得ませんでした。
常に激痛の不快感がまとわりつくので、もう身の回りの管理をするのさえ嫌になってしまうほどでした。

                  
                  つづく…
| comments(0) | trackbacks(0) |Top ▲

スポンサーサイト

| - | - |Top ▲
<< 支援金ありがとうございます /

comment












trackback ・・・ http://yu-chanman.jugem.jp/trackback/48